ALE

会社のムーンショットをつくる大義のデザイン

宇宙ベンチャーとして将来が期待されるALE。2019年1月に「イプシロンロケット4号機」の打ち上げが成功し、20年には世界初の人工衛星による人工流れ星の実証実験に踏み出します。しかし、そんな華々しいニュースの裏側で、周囲の評価と自社の目指す方向との間にギャップが生じていました。そこで組織の求心力を高め、資金調達を前に骨太な長期ビジョンを策定するために、企業としてのDNAをつくることにしました。

Point

時間軸の長いミッション、ビジョンを創造する場をつくる

全社員のビジョンストーリーから時間軸を越えて不変の存在意着を抽出しミッションとする

コピーライティングやビジョンづくりを通してミッション.ビジョン、バリューを全社員の自分ごと化する

DNAデザイン

ワークショップ

コピーライティング

自律的組織づくり

大義のデザイン

ビジョンの可視化

課題

宇宙を舞台にしたエンターテインメント事業に期待が集まる一方、基礎研究をビジネスとつなげ科学の発展に貢献するという本来の会社の事業目的が社内外に浸透していない。

BIOTOPEがしたこと

企業の自律性と求心力を高めるために全社員によるワークショップで不変の存在意義を抽出し、そのDNAとなるミッション、ビジョン、バリューをデザインした。

結果

ALEのDNAに共感するから支持するというパートナー企業や個人投資家が増え、社内でも根底にある考えを共有できたことで会社が進んで行く方向性が定まった。

岡島礼奈
Lena Okajima

ALE 代表取締役/CEO
在学中に、サイエンスとエンターテインメントの会社を代表取締役として設立。ゲーム、産学連携のサービスなどを立ち上げる。JAXA宇宙オープンラボ採択。卒業後、ゴールドマン・サックス証券戦略投資部にて、債権投資事業、PE業務などに従事。2009年に新興国ビジネスコンサルティング会社を設立し、取締役に就任。11年9月にALEを設立。人工流れ星事業「Sky Canvas」を立ち上げる。

宇宙をみんなの身近に変えて、科学と社会を接続

 

ALEでは、人工的に流れ星を流すための人工衛星を開発しています。その根底には、人工流れ星をエンターテインメントとして楽しんでいただく一方、壮大な科学実験として基礎科学や科学技術の発展に貢献したいという気持ちがあります。科学の代表ともいえる基礎研究は、過去人類の大きな進化をつくってきました。ところが、実際の現場では異口同音に、未来への投資が先細りしている危機感が叫ばれています。そこで、基礎研究そのものをエンターテインメントにすることで、成果だけでなく、プロセスを価値に変えられないか、というのがALEを設立したきっかけです。

 

社員が一体化しながら自由に働ける組織づくりを模索

 

会社が成長し、社員が増えるにつれ、新たな悩みに直面しました。それまでは個人の力で何とか回してきましたが、さらなる発展のためにはチームで成果を出すことが不可欠です。そのため、ベンチャーならではのスピードとフラットな組織を保ったまま、会社を有機的な組織として動かしていくにはどうすればいいのか、いつも考えていました。そんなとき出合ったのが、自律的な組織論の書籍として話題だった『ティール組織』(英治出版)でした。そして、書籍の帯の推薦文に佐宗さんの名前を見つけて、BIOTOPEに連絡してみようと思ったんです。

 

組織論よりもアイデンティティの揺らぎが原因

 

佐宗さんからは組織づくりの基本として、コアとなる考えを組織内で共有することが大事だと教わったのですが、当時のALEはそれをうまく言語化できずにいました。また、メディアへの露出が増えて、企業の評判は高まったものの、人工流れ星事業で注目されるのは、ほとんどがエンターテインメントの側面。本当にやりたいのは、科学の発展に貢献することなのに、エンタメ企業として見られていることに大きなフラストレーションを感じていました。エンターテインメントは目的ではなく、あくまでも手段。そのために、まずはミッション、ビジョン、バリューを見直すことにしたんです。

 

経営者の“妄想”を引き出すキャンバスづくり

 

最初のステップとして、佐宗さんからは社内外で自分の考えを自由に話せるブレーンをつくってみてはどうか、という提案がありました。そこで、ALEの一部の社員や株主、天文学者を相手に、今後100年のうちに、宇宙に進出した人類ができるかもしれない“妄想”を語る場を設けてもらいました。起業以来、日々の業務に追われて遠い未来を見つめる機会がなくなっていましたが、そういう時間をつくると、自分が現在どこにいるのかがわかります。このとき、宇宙を舞台にしたエンターテインメントの先に何があるのかを深く議論し、「好奇心」というキーワードにたどり着いたんです。人々の「好奇心」が宇宙への扉を開き、それがひいては人類に進化をもたらすという考えです。

 

導き出したALEのVision
導き出したALEのVision

 

未来へ向けたストーリーづくりと全社ワークショップ

 

佐宗さんには、そこで話し合った“妄想”を“過去–現在–未来”につながるストーリーに落とし込んでもらいました。それを社内で共有したうえで、全社員参加のワークショップを実施。このワークショップでは、一人ひとりが考えた人工流れ星の次のステージを、未来年表として可視化することで、全員が共有できる目的を議論しました。印象的だったのは「2030年には宇宙旅行が特別でなくなる」という話の流れから、「それなのに、流れ星とその次のエンタメでいいのか」という意見が出たこと。そこから、科学と社会をつなぐという考えをコアにもっていく方針が固まり、エンターテインメントだけをやりたいわけではないという想いが確信に変わりました。

 

企業のDNAをコピーライティングとして言葉で統合

 

その後、コピーライターを交えて全員でブラッシュアップしたミッションは、まさに私たちが言いたかったことをひと言で表したフレーズでした。最終的に「科学を社会につなぎ宇宙を文化圏にする」に決めたのですが、「科学と社会をつなぐ」だけだと、以前スローガンにしていた「サイエンスとビジネスの両立」とさほど変わらないと思うんです。でも、「宇宙を文化圏にする」という言葉が加わったことで、その先に目指す未来があることがわかります。2030年までのALEは、人工流れ星を通じて「宇宙を知る」事業のフェーズですが、それ以降は「宇宙を楽しむ・暮らす」事業の創出フェーズに入ります。どうやってそれを実現するかは現時点ではまだわかりませんが、言語化することで進むべき方向が明確になりました。この取り組みでは、同時にビジョン、バリューも決定しましたが、全体を通じて、言葉の力が組織をひとつにまとめ、経営の羅針盤になるということを改めて思い知らされました。

タネは残ったか?

100年先に何をやっているかという議論は、一見目の前の成果に見えることもあり、当初は社内でも賛否両論あった。しかし、ミッション、ビジョン、バリュー策定後、ALEのDNAに共感するから支持するという強いつながりを求めるパートナー企業や個人投資家が増加。それに伴い、社内の空気も変わり、会社として何をやるべきか、自分たちの規範に照らし合わせて意思決定しやすくなった。

Other projects

YAMAMOTOYAMA

YAMAMOTOYAMA老舗の歴史的資産を価値に変える戦略デザイン

READ

MARUBENI

MARUBENI経営変革をボトムアップで加速させるための戦略デザイン

READ

TOKYU CORPORATION

TOKYU CORPORATION地域資源を生かした次世代型都市づくりのビジョンデザイン

READ

See more

PHILOSOPHY