2020.01.30

MEDIA VOICE

【BIOTOPE TIDE】フィンランド発、循環するブランド作りの現在地 公開

【フィンランド発、循環するブランド作りの現在地】
フィンランドの古都トゥルク在住のサーキュラーエコノミー専門家である、藤原氏からBIOTOPE TIDEに投稿していただきました。
今回の記事は、サーキュラーデザインの事例が紹介されています。樹皮から作ったバッグや、果物の皮から生み出される革製品など、ビニールや動物製品に依存している日本にいると驚きのプロダクトばかりです。材料からデザインまで、自然からインスピレーションを受けているフィンランドならではの、サーキュラーエコノミーの実例を知ることができます。

記事はこちら▼
BIOTOPE TIDE: 「フィンランド発、循環するブランド作りの現在地
BIOTOPE TIDE:これまでの記事

CONTACT US