2020.01.23

MEDIA VOICE

【BIOTOPE TIDE】対抗文化の新都よりvol.3-3 公開

【対抗文化の新都より Vol.3-3 ヨーロッパ、気候変動ストライキにみる自律型市民社会】

ベルリン在住のエクスペリエンスデザイナー日比野紗希氏が日常の暮らし、文化の中で感じる些細なことから、新たな流れを生み出す種を探る連載「対抗文化の新都より」の『ヨーロッパ、気候変動ストライキにみる自律型市民社会』のvol.3を公開しました。
ドイツのデモ文化を歴史的に分析した前回につづき、今回はドイツにおける民主主義教育に注目します。市民が積極的にデモクラシーに関わっている背景には、小学校から始まるシチズンシップ教育がありました。ドイツの民主主義教育を知ることで、経済競争至上主義のもとに成り立つ、日本型教育に対して疑問を投げかけます。

記事はこちら▼
BOTOPE TIDE:「対抗文化の新都より Vol.3-3ーヨーロッパ、気候変動ストライキにみる自律型市民社会
BOTOPE TIDE:これまでの「対抗文化の新都より

CONTACT US