2020.08.21

MEDIA VOICE

【BIOTOPE TIDE】アフターコロナの世界vol.5-2

【コロナ禍による変化と、その先にあるもの:フィンランドからのメッセージ】
コロナウイルスの流行で、人々の行動や生活様式は大きな変化を余儀なくされました。藤原斗希子氏のくらすフィンランドでも、こうした日常の変化が様々なレベルで現れているといいます。
感染防止策の差異から、相手国によってヒト・モノの移動の回復状況にも差が現れています。それにより、EU圏内の地政学的な関係性も新たな局面を迎えつつあるようです。
また、こうした変化の中で生きるフィンランド国民たちは、その新たな日常をどのように受け止めているのでしょうか。フィンランドならではの文化を背景に、少し意外なあるものの需要が増えているようです。
国際情勢・フィンランド人の目線・生活者としての目線という3つの異なる観点からその変化を紐解き、その先に広がる社会の姿についての洞察をご紹介いただきます。
----
▼記事はこちら
BIOTOPE TIDE:「コロナ禍による変化と、その先にあるもの:フィンランドからのメッセージ
BIOTOPE TIDE:前編の記事へ

CONTACT US