2020.07.14

VOICE

【note】ポスト資本主義の住まいを作るvol.2

【消費し消費される経済から、豊かさを稼ぎ出す経済へ】
noteで連載中の「ポスト資本主義の住まいをつくる」。BIOTOPEの佐宗とVUILDの秋吉がオムニバス形式で綴る次世代の「住まい方」を考えるこちらの連載、第2回は「経済編」、佐宗が担当です。
これからの経済のカタチと、「持ち家という当たり前を考え直す」ことがその変化の始まりなのではないかという思考実験的な考えを綴りました。
目次
1.新型コロナウイルスが炙り出した、都市生活への疑い
2.都市から地方に本当に人は流れないのか?
3.ラットレース的資本主義人生ゲームへの入り口とは?
4.豊かさを稼ぐ経済とは?
5.テクノロジー実装の加速の先にある経済とは?

これからの経済について考えている方は、ぜひお読みください。
▼「ポスト資本主義の住まいを考える」noteで公開中▼
第2回:経済編「消費し消費される経済から、豊かさを稼ぎ出す経済へ」(佐宗)

▼これまでの記事▼
第1回:内省編 「コロナ後を生きる僕への手紙」(佐宗)

▼今後の公開予定▼
第3回:建築編(秋吉)
第4回:実践編(秋吉)
第5回:教育編(佐宗)
第6回:提案編(佐宗+秋吉)

CONTACT US