2019.07.30

MEDIA VOICE

【BIOTOPE TIDE】”MORE WORLD”カンファレンス檄文ー邦訳

メディアBerliner Gazetteを主宰するKystian Woznicki氏が、今年の10月にベルリンで開催予定の"MORE WORLD"カンファレンスのためのマニフェストを発表しました。

この檄文は、気候変動に対して、デジタル化とクラウドの温暖化、そして移民という3つの社会課題をお互いに繋がったテーマとして設定し、
ビジネス、アート、デザイン、サステイナビリティなどの分野を越えた協働での解決への動きをかけていこう!という連帯の動きへの投げかけをするものです。
Design for Sustainabilityというのは究極的にはこういう連帯をどう生み出すかというテーマになっていくのかもしれません。

私たちが今生きている世界で取り組むべき課題の捉え方の参考になる、欧州ならではの視点とは。
BIOTOPE TIDE編集部が邦訳を公開しています。

下記タイトルをクリックして、記事にお進みいただけます。

BIOTOPE TIDE:「気候変動に対して、僕らが考えるべきことーベルリン発の檄文より」

CONTACT US